スポンサーリンク




江戸川区 水との闘いの歴史(明治~昭和時代)

江戸川区 水との闘いの歴史(明治~昭和時代)

江戸川区の歴史には、”水との闘いの歴史”という側面がある。台風・高潮による水害・地盤沈下による土地の水没とそれに立ち向かう当時の人たちの叡智を結集した放水路の開削・堤防改修・埋め立ての歴史である。

地盤沈下による土地の水没

葛西沖地域の地盤沈下は明治時代から徐々にはじまり、大正期から昭和期に入ると急速に進行していった。汲み上げた地下水は、工業用水と地下水に溶け込んだ水溶性ガスの採掘が目的だった。江戸川区中葛西では 1年で23センチもの沈下を観測したといわれている。これにより178haの民有地が水没した。

台風・高潮による水害と放水路の開削と堤防改修

地図でみる江戸川区の水との闘いの歴史(明治~昭和時代)はこちら

年月 風水害名(浸水原因)・改修工事 浸水戸数 被災者数
明治元年~明治43年 10回以上の床上浸水被害
明治4年 暴風による高潮で葛西海岸堤防(当時の潮除堤)の大部分が破壊
明治43年8月 長雨(利根川・荒川決壊) 3,654戸 13,500人
明治44年 荒川・中川放水路事業開始
大正3年~昭和5年 江戸川の改修開始
大正6年10月 台風(高潮) AP+4.21m
流出破損3,425棟 死者240人
大正8年 江戸川放水路(現在の江戸川)が完成
昭和5年 荒川放水路(現在の荒川)完成
中川放水路(現在の中川)完成
昭和9年 葛西海岸堤防の改築開始(10か年計画)
昭和13年9月 台風(高潮) 23,000戸 1,000人以上
昭和14年 葛西海岸堤防の改築中止(戦局激化による)
昭和16年 新中川放水路開削工事開始
昭和22年9月 カスリーン台風(利根川決壊) 30,506戸 132,991人
昭和24年8月 キティ台風(高潮) AP+3.15m
12,545戸 62,324人
昭和26年 葛西海岸堤防着工
昭和32年 葛西海岸堤防完成(延長4,461m)
昭和33年7月 台風第11号(内水氾濫) 6,599戸 28,312人
昭和33年9月 狩野川台風(内水氾濫) 41,683世帯 185,046人
昭和36年10月 台風第24号(内水氾濫) 23,844世帯 94,496人
昭和38年 新中川放水路(現在の新中川)完成
昭和41年 河川の改称
かつての中川→旧中川
荒川放水路→荒川
中川放水路→中川
新中川放水路→新中川
昭和41年6月 台風第4号(内水氾濫) 4,064世帯 10,200人
昭和42年 葛西海岸堤防高潮対策工事完了(地盤沈下による劣化を改修)
昭和46年8~9月 台風第23-25号(内水氾濫) 1,973世帯 約8,000人
昭和56年10月 台風第24号(内水氾濫) 10,289世帯 31,383人

この表の水害記録については、江戸川区公式サイトを参考に作成した。

荒川の出水は、江戸開府から明治年間に至るまで、荒川の出水は150回にのぼるという記録がある。明治40年(1907)の水害は、下谷・浅草・本所・深川の4区の約6万戸に被害を与えたことから、明治44年(1911)に改修工事が開始された。このときに計画されたのが荒川放水路の開削である。現在の北区岩淵から、千住の北部を迂回し、綾瀬川・中川を分断し、東京湾に注ぐ長さ22kmの工事である。洪水時には,岩淵水門を閉めて本流(隅田川)の増水をおさえて、洪水の大部分を放水路でいっきに海に流す計画である。この工事は20年の歳月をかけて昭和6年(1931)に完成した。

小松川・平井村・船堀村の一部が川または河川敷にあたったので、村の廃置分合が行われ、船堀村・平井村・小松川村が廃止され、船堀村の一部と小松川村の一部が松江村に、平井村の一部が奥戸村に編入され、残りの区域でもって小松川町が生まれた。
江戸時代から旅人に親しまれてきた、行徳街道と元佐倉道の交差点、「四股」も水の底に沈んだ。また、新たに総武線の鉄橋と小松川橋(木橋)が架けられ、平井駅も西へ約300mほど移動した。
(『江戸川区の歴史』(1971)より引用)

明治43年(1910)の大洪水が関東一円に大きな被害をもたらしたことから、当時の政府が江戸川放水路の開削を決定した。この大改修工事は、篠崎で分かれ、行徳村をつらぬいて海に流れる水路の開削であり、大正3年から昭和5年までの16年という歳月を要した。

昭和22年(1947)のカスリーン台風により、利根川の堤防が栗橋上流で決壊して、その濁流は小岩、船堀に達した。

人々は次々に市川めざして非難し、江戸川の土手には数千の群衆がひしめき、総武線の鉄橋も黒山の人だった。
(『江戸川区の歴史』(1971)より引用)

また、昭和24年(1949)のキティ台風は、葛西海岸堤防が築かれるきっかけとなった。満潮時と重なり、A.P.3.15m(※)の高波が発生。
※A.P.(エーピー)は、Arakawa Peilの略。東京湾霊岸島量水標零位を基準とする基本水準面。荒川、中川、多摩川等の水位の基準。Peilはオランダ語。

翌々年の昭和24年、ふたたび水禍が、江戸川区を襲った。8月31日、キティ台風の上陸が満潮と重なり、大正6年以来の高潮に見舞われたのである。中川堤防・新川堤が溢れあるいは破壊し、葛西海岸堤も決壊という最悪の事態となった。一気に区内各所に出水し、濁流は家々を呑んで、さんたんたる有様となった。特に、平井・小松川地区は堤防が決壊したため出水は中川の水位と同じになっていっこうにへらず、さらに追い討ちの豪雨もあって水位はむしろ高まり、被害をいっそうひどくした。区内の罹災者62000余人・家屋全壊47戸・床上浸水9400戸・堤防の決壊は5000メートルをこえた。
(『江戸川区の歴史』(1971)より引用)

昭和24年(1949)の江戸川区の人口は191,775人であったので、約3分の1の住民が罹災者になった計算となる。

現在の江戸川区の地図と地盤沈下によって水没した民有地

  • 地盤沈下による土地の水没との闘い(明治~昭和)
  • 台風・高潮による水害との闘い

画像 現在の江戸川区の地図と水没したん民有地

(クリックで拡大)

関連ページ

明治42年と平成28年の地図を重ねた地図

明治42年と平成28年の地図を重ねた地図

(クリックで拡大)

現在の地図を重ねると、荒川放水路、中川放水路、新中川放水路の建設によって、中川が分断され、江戸川区内の膨大な土地が水没したことがわかる。ただし、現在では江戸川区の葛西以南に膨大な広さの埋め立てが完成している。
また、明治42年には江戸川放水路がまだ存在していないことがわかる。

現在の江戸川区の地図

平成28年の江戸川区

(クリックで拡大)

現在の江戸川区は、旧中川と旧江戸川とともに、荒川、中川、新中川といった、多くの河川に囲まれた地域となっている。
平井地区を流れる、昔の中川の下流域は現在、「旧中川」と呼ばれ、江戸川区の右側を流れる江戸川は「旧江戸川」と呼ばれている。

関連情報

荒川放水路に詳細については、荒川河川事務所「荒川の概要と歴史」を参照されたい。

上記の明治42年の二つの地図は、時系列地形図閲覧サイト「今昔マップ on the web」((C)谷 謙二)により作成した。

 




スポンサーリンク




更新日:

Copyright© 江戸川フォトライブラリー , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.