江戸川区の公園

葛西海浜公園の歴史と風景 「海上公園」構想が実現した場所

更新日:

葛西海浜公園の歴史と風景 「海上公園」構想が実現した場所

葛西海浜公園は、1989年(平成元年)6月1日に開園した葛西臨海公園の南側に広がる海浜公園である。海域部分を含めて412ヘクタールの広さがあり、西なぎさ東なぎさの二つの三日月形のなぎさがある。東京湾の9割の干潟が埋めたてられるなかで、天然の干潟(「三枚洲」)を残そうとした「海上公園」構想が初めて実現した場所である。生き物の宝庫として残った貴重な場所であり、2018年10月に葛西海浜公園はラムサール条約湿地に登録された。

>>>「葛西海浜公園 ラムサール条約湿地に登録」を見る
>>>「葛西海岸堤防の歴史と地図」を見る
>>>「葛西臨海公園の歴史と春夏秋冬の風景」を見る

>>>葛西海浜公園へのアクセス等:東京都公園協会ホームページを見る(外部リンク)

葛西海浜公園の歴史

>>>「葛西臨海公園の歴史と春夏秋冬の風景」を見る

バードサンクチュアリ(野鳥の楽園)

昭和53年(1978)に開催された東京海上公園審議会において、「東なぎさは野鳥の楽園バードサンクチュアリとして人が入ることを禁止する」とされたため、現在、東なぎさは立ち入り禁止区域になっている。

「「東なぎさ」は、二つの河川が東京湾に注ぐ地点にあり、川や海から漂着したごみが滞留しやすく、定期的に清掃活動が必要な区域です。野鳥が暮らす環境では、食料となる貝類が豊富にあることが条件であり、その環境を守るため、同協議会と葛西東渚・鳥類友の会などが連携して、2000年から年に1~2回、同事業を実施し今回で20回目となりました。」とあるように、定期的に清掃が行われるときのみ、人が立ち入ることができる。(江戸川区公式ホームページより引用)

23区で唯一海水浴ができる海岸

2015年から、葛西海浜公園海水浴体験イベント(7月~8月)が行われている(トイレ、足洗い場、更衣室・シャワー(有料)、コインロッカー(有料)あり)。

葛西海浜公園の西なぎさ

クリックで拡大

地図でみる葛西海浜公園の歴史

2018年10月に葛西海浜公園はラムサール条約湿地に登録された。

>>>「葛西海浜公園 ラムサール条約湿地に登録」を見る

1965~68年の地図

海岸線には、葛西堤防がある。
1965~68年の江戸川区の地図

1975~78年の地図

埋め立てが進む様子がわかる
1975~78年の江戸川区の地図

1983~87年の地図

埋立地に次々と新たな街ができている
1983~87年の江戸川区の地図

1992年から1995年の地図

現在の姿に近づきつつある
1992年から95年の江戸川区の地図

上記4つの地図は時系列地形図閲覧サイト「今昔マップ on the web」((C)谷 謙二)により作成した。

東なぎさと富士山(2017年1月撮影)

葛西臨海公園の東端から西方面をのぞむ。手前に見える土手は東なぎさ。東なぎさは野鳥の楽園バードサンクチュアリであるため、立ち入りは禁止されている。

画像 葛西臨海公園の東端から東なぎさ方面(西方面)をのぞむ

クリックで拡大

葛西海浜公園 西なぎさ

夏には海水浴ができる。

画像 葛西海浜公園 西なぎさ

クリックで拡大

画像 葛西海浜公園 西なぎさ

クリックで拡大

葛西海浜公園 西なぎさ

クリックで拡大

葛西海浜公園 西なぎさ

クリックで拡大

葛西海浜公園 西なぎさ

クリックで拡大

画像 葛西海浜公園 西なぎさ

クリックで拡大

スポンサーリンク

-江戸川区の公園

Copyright© 江戸川フォトライブラリー , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.