江戸川区の歴史・名所 菖蒲

小岩菖蒲園 ハナショウブ図鑑【長井系】

更新日:

小岩菖蒲園 ハナショウブ図鑑【長井系】

ハナショウブの元となったのは「野花菖蒲(ノハナショウブ)」。これは日本に古来からある花で、湿地や水辺などで普通に咲いていたものでした。この野花菖蒲(ノハナショウブ)の品種改良は室町時代の後期から江戸初期にかけてはじまったといわれています。

このノハナショウブの品種改良の系統を大別すると、江戸系伊勢系肥後系長井系の4系統に分類されます。このうち、長井系が最も古く、江戸系と伊勢系は江戸中期に改良されました。東北地方のノハナショウブの色変わり種が江戸時代に伝わり、栽培品種化したものとされています。その後、肥後系が主流になりました。明治時代以降に外国に輸出され、現在ではそれらが海外で新たに品種改良され逆輸入されています。

ここでは、小岩菖蒲園で見ることができる長井系】のハナショウブを紹介します。

花の色は、白、桃、紫、青、黄など多数あり、色の絞りや覆輪(ふくりん)などとの組み合わせを含めると5,000種類あるといわれています。

※絞りとは、織物の絞り模様に似ていること
※覆輪(ふくりん)とは、 花びらや葉の、外縁部分が地と違う色で縁どられていること。

小岩菖蒲園

小岩菖蒲園は、京成線「江戸川駅」より徒歩5分。広大な江戸川河川敷にある解放感ある菖蒲園です。花菖蒲の数は約50,000本。江戸川をはさむ対岸の市川市には高層ビルが見えますが、江戸川区側には隣接する高層の建物がないため、撮影ポイントは多いと思います。

見頃にあわせて開催される「小岩菖蒲園まつり」では、期間中の土曜日・日曜日に模擬店や草花の即売などが行われます。

※開園時間はなし(河川敷のためいつでも見学可能)
※河川敷駐車場車へのゲートの閉門時間

【ゲート開放時間】

  • 4月~9月 8時30分~18時
  • 10月~3月 8時30分~17時

小岩菖蒲園で見られる【長井系】

長井古紫(長井)

外花被は明るい青みを含む紫地に紫脈が入っています。内花被は赤みのある紫で花柱は濃い紫。

画像 長井古紫(長井)
長井古紫(長井)「ながいふるむらさき」

野川の辺(長井)

画像 野川の辺(長井)
野川の辺(長井)

火祭(長井)

画像 火祭(長井)
火祭(長井)

郭公鳥(長井)

江戸系に近い花。花色は赤みのある紫紺色で、白く細いふちどりがあります。あやめの季節に鳴く郭公鳥の飛び立つ時の姿と羽の色合いからこの名がつけられました。

画像 郭公鳥(長井)
郭公鳥(長井)「かっこうどり」

長井雪小町(長井)

外花被は白地に紫色の細脈が入っています。

画像 長井雪小町(長井)
長井雪小町(長井)「ながいゆきこまち」

長井清流(長井)

画像 長井清流(長井)
長井清流(長井)

舞小町(長井)

外花被は白地に青紫色の脈が入っています。内花被は青紫色で同色の濃い筋が入っています。

画像 舞小町(長井)
舞小町(長井)「まいこまち」

爪紅(長井)

外花被は白色で、黄色の目の部分が筋状に入っています。内花被の花色は白です。先端にのみ薄紅色が入っています。

画像 爪紅(長井)つまべに
爪紅(長井)「つまべに」

スポンサーリンク

-江戸川区の歴史・名所, 菖蒲

Copyright© 江戸川フォトライブラリー , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.