江戸川区の川・海 江戸川区の歴史・名所

中川(中川放水路)の歴史と風景

更新日:

中川(中川放水路)の歴史と風景【江戸川百景20】

現在の中川は、もともとの中川(現在は中川と旧中川に分断されている)の洪水を防ぐために行われた改修工事によってできた人工の放水路です。明治40年(1907)に発生した水害(下谷・浅草・本所・深川の4区の約6万戸に被害を与えた)をきっかけとして、明治44年(1911)に荒川放水路の改修工事が開始されました。これと同時に行われたのが中川の開削です。この工事は20年の歳月を要し、昭和5年にようやく荒川放水路、中川放水路が完成したのです。

国土交通省ホームページには、以下のように説明されています。

中川は、埼玉県羽生市を上流とし、大落古利根川、元荒川、大場川などの多くの支川を集めて南下し、東京都葛飾区の蛇行区間をへて、綾瀬川と合流、上平井で荒川と平行して流れ、江戸川区で東京湾に注ぐ、流路延長84km、流域面積約1,00km2の一級河川です。

江戸時代以前の中川(現在の旧中川)は、古利根川を上流として、途中で元荒川と合流し、水元・新宿(にいじゅく)・奥戸・平井を通り、綾瀬川・堅川・小名木川と通じながら、江戸川にそそいでいました。江戸時代に入り、8代将軍吉宗が水害から村を守るために、1725(享保10)から14年間をかけて、散在していた池や沼を利用して、ひとつの流れをつくりました。そのために中川は「九十九曲り」をよばれる屈曲の激しい川となったのです。この川が中川と呼ばれたのは、隅田川と江戸川の間を流れるからといわれています。

中川の上流である古利根川の流域には埼玉県の農業地帯がひらけ、また中川の沿岸には、足立・葛飾・江戸川区が発展してきました。しかし、ひとたび大雨に降られると洪水が発生し、沿岸地帯は大きな被害をうけてきたのです。明治44年(1911)の開削決定後、大正5年(1916)から中川改修工事が始まりました。昭和5年(1930)にようやく荒川放水路(現荒川)および翌年(昭和6年)に中川放水路(現中川)が完成したのです。旧中川は本来、中川の本流でありましたが、この改修工事により、中川が二つに分断されて現在のような形になりました。その後、昭和41年(1966)に分断された中川の下流部分を「旧中川」と改称されました。

明治42年と平成28年の地図を重ねた地図(旧中川と中川)

図中の左上から下に流れる大きな川が荒川。その荒川に沿って流れているの川が中川(中川放水路)です。荒川の開削によって、昔の中川の本流が分断されていることがわかります。荒川より右側が中川であり、荒川より左側が現在の旧中川です。

画像 明治42年と平成28年の地図を重ねた江戸川区の地図

(クリックで拡大)

この地図は、時系列地形図閲覧サイト「今昔マップ on the web」((C)谷 謙二)により作成。

現在の「かつしかハープ橋」周辺マップをみると、旧中川が荒川放水路開削によって分断された様子を確認できます。

関連情報

江戸川区には、現在、「中川」、「旧中川」、「新中川」という”中川”が付された三つの川があります。もともとは旧中川だけでした。明治・大正・昭和にかけて人工放水路を開削したのです。

  • 昭和5年 「中川放水路」が完成 → 昭和41年「中川」と改称
  • 昭和5年 「荒川放水路」が完成 → 昭和41年「荒川」と改称
  • 昭和38年 「新中川放水路」が完成 → 昭和41年「新中川」と改称
  • かつての「中川」 → 昭和41年「旧中川」と改称

中川(中川放水路)の風景

下の写真は上平井水門(昭和44年竣工)。上平井水門は中川と綾瀬川との合流地点に建設された水門であり、その目的は中川、綾瀬川への高潮遡上を防ぐことにあります。この水門は、台風などの高潮、津波警報、震度5の地震が発生したときに閉鎖されるそうです。

画像 中川放水路の風景 上平井水門

(クリックで拡大)

下の写真は、中川と首都高速中央環状線。首都高速の向こう側には荒川が流れています。

画像 中川放水路の風景

(クリックで拡大)

下の写真は、京葉道路から上流方面を撮影したもの。

画像 中川の風景

(クリックで拡大)

新川と中川の合流地点(新川西水門付近)

関連情報

画像 中川放水路の風景7

(クリックで拡大)

合流地点付近から上流方面を撮影。

画像 中川放水路の風景3

(クリックで拡大)

画像 中川放水路の風景5

(クリックで拡大)

画像 中川の風景2

(クリックで拡大)

中川の風景

下の写真の奥に見えるのは江戸川競艇場。江戸川競艇場の主催者は、東京都六市競艇事業組合(構成自治体:八王子市、武蔵野市、昭島市、調布市、町田市、小金井市)と東京都三市収益事業組合(構成自治体:多摩市、稲城市、あきる野市)です。競艇場の運営に江戸川区は関係ありません。

下の写真は、新大橋通から上流方面を撮影したもの。

画像 中川の風景 江戸川競艇場

(クリックで拡大)

中川と荒川の合流地点の風景

下の写真の奥の右から左への流れが荒川。手前の右から左への流れが中川。

画像 荒川と中川の合流地点

(クリックで拡大)

画像 荒川と中川の合流地点

(クリックで拡大)

中川と新中川の分岐地点から上平井水門までの風景(葛飾区)

写真中央の奥へ流れる川が新中川。右手に流れる川が中川。ここが中川と新中川の分岐地点。

新中川の歴史と風景はこちら

画像 中川と新中川の分岐地点の風景1

(クリックで拡大)

像 中川と新中川の分岐地点の風景2

(クリックで拡大)

像 中川と新中川の分岐地点の風景3

(クリックで拡大)

画像 中川の風景

(クリックで拡大)

画像 中川の風景2

(クリックで拡大)

画像 中川の風景3

(クリックで拡大)

スポンサーリンク

-江戸川区の川・海, 江戸川区の歴史・名所

Copyright© 江戸川フォトライブラリー , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.