江戸川区の統計

江戸川区は雨が少なく、暖かい

更新日:

江戸川区は雨が少なく、暖かい

昨今、地球温暖化の影響(?)もあり、局地的な集中豪雨が発生して、道路冠水、床下・床上浸水するような状況が東京都内でも頻繁に起こっています。ただ、小さな東京都域のなかにあっても雨の多い地域と少ない地域があります。また、気温も西部と東部ではかなり違います。

ここでは、東京都内の5つの観測地点(江戸川区、千代田区、練馬区、府中市、八王子市)について、平均気温と降水量の比較を行いました。

データは「気象庁サイトの過去の気象データ検索」から用いた。
下の図は、気象庁サイトに掲載されている東京都の全地点である。

画像 東京都内の観測地点
東京都内の観測地点 (気象庁ウェブサイトより引用)

東京都内の5地点での平均気温の比較

ここでは、江戸川区と八王子市の平均気温を比較しています。

4月から9月には大きな違いは見られませんが、1月~3月および10月~12月の6か月間には大きな違いを確認することができます。

たとえば、江戸川区と八王子市の1月の気温を比較すると、江戸川区5.7度に対して八王子市3.2度となっていて、月平均の気温差が2.5度もあります。観測地点はもともと差が出やすい場所に設置されているということもありますが、東京都のなかで江戸川区は比較的暖かい地域だといえます。これは、江戸川区が東京湾に面していることや約7割が海抜ゼロメートルという地理的な特徴が影響しているからとも考えられます。

 区・市 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12


5.7 6.1 8.8 13.6 17.7 20.9 24.4 26.3 23 17.9 12.9 8.3


5.2 5.7 8.7 13.9 18.2 21.4 25 26.4 22.8 17.5 12.1 7.6

4.6 5.4 8.6 14.1 18.6 21.9 25.7 27.2 23.2 17.4 11.8 7

4.2 5 8.2 13.6 18 21.3 25 26.5 22.7 17 11.4 6.6


3.2 4.1 7.5 13.1 17.6 20.9 24.7 26.1 22.2 16.4 10.7 5.7

月別の平均気温のグラフ

次に、下のグラフでは江戸川区は他の4地点よりも冬場の気温が高いことがわかります。東京の西側の地域ほど平均気温が低くなっている。

画像 月別 平均気温のグラフ
月別 平均気温のグラフ

東京都内の5地点での降水量の比較

さらに、降水量のグラフをみると、7月~9月の3か月の間は、江戸川区と八王子市の降雨量の差が大きいことがわかります。

 区・市 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12


44.4 49.3 105.2 108.4 123 157.7 126 133.9 192.3 178.8 88.9 47.6


52.3 56.1 117.5 124.5 137.8 167.7 153.5 168.2 209.9 197.8 92.5 51

51 58.3 115.9 124 134 164.1 168.6 181.4 222.1 189.7 90.3 49.9

49.4 54.5 112.4 122.1 129.4 157.8 162.6 189.6 224.6 187.5 87.9 52.2


48.3 49.4 103.4 118.2 121.5 167.9 176 242.2 256.7 187.7 88.8 45.2

 

月別の平均降水量のグラフ

下のグラフからは、江戸川区の降水量は八王子市のみならず、千代田区、練馬区、府中市と比較してのかなり低い水準になっていることがわかる。

月別 平均降水量のグラフ

江戸川区の気温と降水量の特徴

江戸川区は都内のほかの地域と比較すると、相対的に夏は降水量が少なく、冬は暖かいというといえそうです。

スポンサーリンク

-江戸川区の統計

Copyright© 江戸川フォトライブラリー , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.