江戸川区の公園 江戸川区の歴史・名所 江戸川区の花の見所

江戸川区のお花見スポット

更新日:

江戸川区のお花見スポット

江戸川区にはお花見スポットがたくさんあります。散歩しながら楽しむ、子ども連れでちょっと楽しむ、大勢で飲みながら楽しむなど、その楽しみ方も様々です。今回は、レジャーシートを敷いてゆっくりお花見(宴会)ができるお花見スポットを紹介します。

下の<お花見マップ>は『広報えどがわ』2017年3月20日号に掲載されたものからの引用です。毎年3月に発行される『広報えどがわ』にマップが掲載されます。

>>>2019年の桜の写真(2019年4月3日~4日)

江戸川区のお花見マップ

※桜の本数は毎年多少の変動がある

画像 江戸川区のお花見マップ
江戸川区のお花見マップ

ゆっくりお花見を楽しめる場所

葛西臨海公園

広い公園のあちこちに桜の木があります。広場にレジャーシートを敷いてゆっくりお花見ができます。桜並木にはベンチもあるので一息入れるにはよい場所です。ただ、桜並木は人通りが多いです。休日はかなりの人出となりますが、広い公園なのでそれほど混雑は気にならないと思います。個人的には、観覧車周辺の桜(北側と南側)がオススメです。

画像 葛西臨海公園 観覧車と桜
葛西臨海公園の観覧車と桜

新左近川親水公園

江戸川区の南にある東西に延びた広い公園。芝生にレジャーシートを敷いてゆっくり楽しめます。東西に流れる新左近川に沿って歩道があるので、親子づれやカップルがゆっくり散歩できる場所です。交通の便があまりよくないため混雑するという印象はあまりありません。

画像 新左近川親水公園の桜
新左近川親水公園の桜

総合レクリエーション公園

レジャーシートを敷いたお花見ならば総合レクリエーション公園の東端にあるなぎさ公園の桜がおススメです。近くになぎさポニーランドもあり、子ども連れで楽しめる場所です。なぎさ公園の展望の丘は子どもたちに人気の場所です。ただ、なぎさ公園までは交通の便があまりよくありません。バスを利用するならフラワーガーデンがオススメです。

>>>総合レクリエーション公園の詳細は江戸川区公式サイト(外部サイト)

画像 なぎさ公園の桜
なぎさ公園の展望の丘から見た桜

行船公園・平成庭園

行船公園内にある平成庭園のしだれ桜が有名です。夜はライトアップされます。平成庭園内の桜の数は多くはありませんが、源心庵(茶室)と主池と桜は美しく、一枚の写真におさめることができます。行船行戦公園のなかには入場無料の自然動物園もあり、子ども連れで楽しめます。動物園は無料とは思えないほど展示が充実していまうす。休日の動物園は混雑します。

画像 行船公園の桜
行船公園(平成庭園)の桜

大島小松川公園 小松川千本桜

大島小松川公園は広大な防災公園です。桜が咲く頃の休日はかなりの人出ですが、かなりの広さがあるためそれほど混雑は気になることはないと思います。

小松川千本桜は、大島小松川公園に隣接する荒川堤防沿いの桜です。南北1.9キロメートルにわたって1000本以上の桜が植えらています。

画像 大島小松川公園の桜
大島小松川公園の桜
画像 小松川千本桜
小松川千本桜

篠崎公園

篠崎公園もかなり広い公園です。公園内のあちこちに桜があり、ベンチでもゆっくり楽しめる。

画像 篠崎公園の桜
篠崎公園の桜

篠田堀親水緑道

交通の便はよくありませんが、1600メートルの緑道に192本の桜が植えられています。密集して植えられているため見ごたえがあります。レジューシートを敷くスペースもありますが、それほどスペースは広くはありません。少人数で楽しむ場所にはよいと思います。

画像 篠田堀親水緑道の桜
篠田堀親水緑道の桜

散歩しながら桜を楽しめる場所

 新川千本桜

新川千本桜は、新川沿いに植えられた桜です。700本以上の桜が植えられています。新川沿いの道は散歩やウオーキングをする人が多く、レジャーシートを敷いてお花見を楽しむというよりは、ゆっくり歩きながら桜を楽しむといった場所です。

画像 新川千本桜
新川千本桜

宇喜田公園の桜

宇喜田公園の桜トンネル。ここは記念写真の撮影スポットです。 トンネルは長くはありませんが、この場所で記念写真を撮る人は少なくありません。この桜トンネルはオススメです。

画像 宇喜田公園の桜
宇喜田公園の桜

平井さくら公園

画像 平井公園の桜
平井公園の桜

春江の森公園

春江の森公園

スポンサーリンク

-江戸川区の公園, 江戸川区の歴史・名所, 江戸川区の花の見所

Copyright© 江戸川フォトライブラリー , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.