スポンサーリンク




動物・ペット 江戸川区の歴史

自然動物園に絶滅危惧種ホウシャガメを見に行ってきた 2018年4月

更新日:

自然動物園に絶滅危惧種のホウシャガメを見に行ってきた

自然動物園では、平成20年から絶滅危惧種であるホウシャガメの飼育を開始。現在はオス2匹、メス3匹の計5匹を性別ごとに分けて展示。2008年のIUCNの調査によって絶滅の危険性が高いとされた。現在ワシントン条約により商業目的の国際取引は禁止されている。

自然動物園は旅行サイト《トリップアドバイザー》から2017年エクセレンス認証を獲得!

自然動物園では2017年4月に仔亀が誕生

自然動物園では2013年から繁殖への挑戦を始めていた。ホウシャガメの繁殖方法が確立していないなかで、2017年に自然動物園では4匹の仔ガメが誕生した。ニュース報道によると繁殖の成功は国内の動物園では4園目だそうだ。国内での初の成功例は2009年の野毛山動物園だそうだ(『ウィキペディア』より)

「仔ガメの展示をはじめました」

2017年4月に生まれたホウシャガメの仔どもの展示をはじめました!
土・日曜日 11時頃~ 展示予定

画像 ホウシャガメの展示解説

クリックで拡大

自然動物園では以下のようにホウシャガメが紹介されている。

分類:カメ目 リクガメ科
英名:Radiated tortoise
学名:Geochelone radiata
分布:マダガスカル島南部の乾燥地帯
食性:野生では主に多肉植物、落ちた果実、キノコなどを食べています。動物園では、小松菜、キャベツ、トマト、オレンジ等の野菜や果物のほか、桑の葉やオオバコといった野草も与えています。
解説:マダガスカル島にしか生息していない、「固有種」です。こうらにきれいな放射状の模様があることから、ホウシャガメと名付けられました。野生下ではこの模様が保護色となり、身を守るのに役立っていると考えられます。しかし、その模様の美しさからペットとして人気が高く、生息地で乱獲され絶滅危惧種(IUCNレッドリスト:CR)に指定されるほど数が減ってしまいました。現在では国際的に保護されていますが、未だ密漁・密輸が後を絶ちません。

紹介板

画像 ホウシャガメの紹介板

クリックで拡大

自然動物園のホウシャガメ(オス)

成体のカメは、最大で体長40cm、体重16キログラムになる。寿命は約50年。
ドーム状の甲羅の頂点から放射状に模様が入っている。「世界一美しいリクガメ」とも言われる。

自然動物園では2頭のオスがいるが、一緒の部屋に入れるとケンカをしてしまうため、手前と奥に分けて飼育しているそうである。

画像 自然動物園のホウシャガメ(オス)

クリックで拡大

画像 自然動物園のホウシャガメ(オス)

クリックで拡大

自然動物園のホウシャガメ(メス)

画像 自然動物園のホウシャガメ(メス)

クリックで拡大

 

 

スポンサーリンク




-動物・ペット, 江戸川区の歴史

Copyright© 江戸川フォトライブラリー , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.