スポンサーリンク




河川・水門・橋

2017年はカスリーン台風から70年目の年 

投稿日:

2017年はカスリーン台風から70年目の年

1947年の9月、ひとつの台風が関東地方の1都5県に未曾有の大災害をもたらした。かの有名な“カスリーン台風”である。
利根川や荒川等の堤防が決壊し、床上・床下浸水は30万戸を超え、家屋の流出・倒壊は1万3000戸、犠牲者は1100人にも及んだ。

カスリーン台風から70年目の今年は、私たちが堤防決壊の記憶を忘れないよう、また水害の怖さをあらためて認識するような活動が国、自治体で行われている。

旧岩淵水門(赤水門)

荒川と隅田川の分岐地点にある旧岩淵水門(東京都北区)。

参考情報

画像 旧岩淵水門(赤水門)

(クリックで拡大)

一番水位が高かったのは、昭和22年(1947年)のカスリーン台風時で8.60メートル(A.P.)
A.P.とはArakawa Peilの略。東京湾霊岸島量水標零位を基準とする基本水準面。荒川、中川、多摩川等の水位の基準。

画像 カスリーン台風時の旧岩淵水門周辺の水位

(クリックで拡大)

以下は、カスリーン台風関連の資料が掲載されているサイトへのリンク。

省庁・自治体・独立行政法人

内閣府

関東地方整備局

利根川上流河川事務所

自治体

独立行政法人 防災科学技術研究所

民間企業

スポンサーリンク




-河川・水門・橋

Copyright© 江戸川フォトライブラリー , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.