スポンサーリンク




動物・ペット

葛西臨海水族園の生き物たち 2017年撮影

更新日:

葛西臨海水族園の生き物たち 2017年撮影

葛西臨海水族園は、上野動物園開園100周年を記念して計画された水族園。東京湾岸地区整備事業の一環として1989(平成元)年にオープンした。その前身は、1964年(昭和39)年に開館した新上野水族館である。葛西臨海水族園では、世界ではじめてのクロマグロの群泳や100羽を超えるペンギンと水中を泳ぐ姿を見ることができる。

利用案内・交通アクセス

  • 一般 700円、中学生 250円、65歳以上 350円(※小学生以下、都内在住・在学の中学生は無料)
  • JR京葉線「葛西臨海公園駅」から徒歩5分程度(駅から水族園チケット売り場までは約500m)
  • 葛西臨海水族園公式ホームページ

開園時間・休園日・入場料(Admission・information・Notice)

画像 東京都葛西臨海水族園の案内

クリックで拡大

案内図

画像 葛西臨海水族園の案内図

(クリックで拡大)

アクアシアター

ドーナツ型のマグロの大水槽。マグロの群泳を間近で見ることができる。

(クリックで拡大)

(クリックで拡大)

(クリックで拡大)

世界の海

太平洋、インド洋、大西洋、北極海、南極海。熱帯のサンゴ礁、極地の海など世界中から集められた珍しい生き物がいる。

画像 世界の海の魚

(クリックで拡大)

画像 葛西臨海水族園の魚たち2

(クリックで拡大)

画像 葛西臨海水族園の魚たち3

(クリックで拡大)

かなり大きな魚である。

画像 葛西臨海水族園の魚たち4

(クリックで拡大)

(クリックで拡大)

画像 葛西臨海水族園の魚たち5

(クリックで拡大)

画像 葛西臨海水族園の魚たち6

(クリックで拡大)

画像 葛西臨海水族園の魚たち7

(クリックで拡大)

画像

(クリックで拡大)

(クリックで拡大)

(クリックで拡大)

海藻の林

世界最大の海藻ということだ。

画像

(クリックで拡大)

日本の海(伊豆七島・小笠原・東京湾)

(クリックで拡大)

(クリックで拡大)

(クリックで拡大)

(クリックで拡大)

ペンギン

国内最大級のペンギン展示場だそうだ。写真にはないが、ここではペンギンが水中を泳ぐ姿を見ることができる。

画像 葛西臨海水族園のペンギン1

(クリックで拡大)

画像 葛西臨海水族園のペンギン

(クリックで拡大)

水辺の自然

葛西臨海水族園の本館を見学したあと、時間があればお弁当広場、芝生広場、水辺の鳥、水辺の自然、淡水生物館を見学されたい。いろいろな昆虫を見つけることができる。子どもにとっては楽しいだろう。下の昆虫の写真は、セミ、カミキリムシ、ハチだが、この他にもカマキリやバッタも見つけることができた。

画像 水辺の自然

(クリックで拡大)

水辺の自然で見つけた昆虫

画像 水辺の自然で見つけた昆虫

(クリックで拡大)

画像 水辺の自然で見つけた昆虫2

(クリックで拡大)

画像 水辺の自然で見つけた昆虫3

(クリックで拡大)

画像 水辺の自然

(クリックで拡大)

水辺の鳥を見ることができる

画像 水辺の自然の鳥

(クリックで拡大)

画像 水辺の自然の鳥2

(クリックで拡大)

 

スポンサーリンク




-動物・ペット

Copyright© 江戸川フォトライブラリー , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.