スポンサーリンク




歴史・名所 江戸川区の歴史

国の天然記念物 影向のマツ

更新日:

国の天然記念物 影向のマツ ようごうのまつ

場所:東京都江戸川区東小岩の善養寺境内
種類:クロマツ
樹齢:600年以上で繁茂面積は日本一
天然記念物の指定:東京都の指定1926年(大正15年・昭和元年)4月、国の指定2011(平成23年)年9月

「影向」という言葉は、神仏がこの世に仮の姿をとって現れることを意味する。1970年代以降、香川県大川郡志度町(さぬき市)の岡野マツとの「日本一争い」を展開した。その後、影向のマツは何度も枯死の危機に陥ったが、そのたびに地元の人たちの力によって復活を遂げてきた。1993年5月20日、岡野マツは枯死。

影向のマツ 2017年6月撮影

繁茂面積は800平方メートル以上。日本一のマツ。

樹高は約8メートル。地上約2メートルのところで枝を四方に生育。

82本の支柱で支えられている。

『天明三年浅間山噴火横死者供養碑』

江戸川区教育委員会による「天明三年浅間山噴火横死者供養碑」には以下のように説明がなされている。

天明三年(1783)7月、浅間山(長野県)の大噴火がありました。関東一体に火山灰が降り、山麓では山津波がおこり多くの人家が押し流されました。多数の犠牲者の遺体が利根川や江戸川を流れ下り、この付近の中州にも流れつきました。

地元の下小岩村の人々は、遺体を収容し、手あつく寺内の無縁墓地に埋葬しました。寛政7年(1795)の7月に13回忌をいとなみ、この供養碑を建て、その霊を弔いました。

この供養碑は、昭和30年ごろから行方不明になっていましたが、47年に寺内で発見され、ここに再建されました。

※この時の浅間山の噴火は7月6日から8日にかけて発生した。

スポンサーリンク




-歴史・名所, 江戸川区の歴史

Copyright© 江戸川フォトライブラリー , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.