スポンサーリンク




歴史・名所 江戸川区の歴史

昭和のはじめまで江戸川区内を走っていた城東電車(マッチ箱都電)

更新日:

昭和のはじめまで江戸川区内を走っていた城東電車(マッチ箱都電)

城東電車は、城東電気軌道株式会社によって大正6年(1917)12月に錦糸堀(現、錦糸町)と小松川間に開通した路面電車である。この電車は、マッチ箱のような四輪電車であり、「ガタ電」として親しまれていたらしい。

大正14年には東荒川-今井間が開通した。この間は3キロであったが、約15分かけてゆっくり走っていたそうだ。ただ、今井から都心へ出かけるには小松川橋を徒歩で渡って乗り継ぐため非常に不便だったということで、翌年の大正15年3月には小松川から西荒川まで延長されて、荒川をはさんだ東荒川と西荒川まで延長されて、荒川をはさんだ東荒川と西荒川との間はバスで連絡した。ちなみに、荒川(荒川放水路)事業は、明治44年(1911)にはじまり、昭和5年(1930)に完成している。

この城東電車について、『江戸川区の歴史』(江戸川区,1981)には、次のような記述がある。

江戸川線は料金の安さもあってバスよりも利用客が多かった。通勤・通学者、買い物の主婦、瑞江あたりから松江の銭湯に行く人、鍬を持った野良着姿ありで大人気。春には一升びんを下げた篠崎堤の桜見物の客で満員という風景もみられた。

昭和17年(1942)に東京市が城東電車を買収したことにより、「市電」と呼ばれ、翌18年の都制施行で「都電」になった。軌道は現在の松江通りのわずかに南を並行して走っていたらしい。東京発のトローリーバスの開通により昭和27年に廃止された。

下の二つの地図は、城東電車江戸川線の線路の位置。

昭和7年の地図

ひがしあらかわ(東荒川)ーいまい(今井)間。

画像 昭和7年の地図

(クリックで拡大)

平成29年の地図

平成29年の地図に布置すると以下のようになる。

画像 平成29年の地図

(クリックで拡大)

松江公園、一之江境川親水公園内に軌道跡のモニュメントがある。

松江公園

都電の走った町―松江
大正14年(1925)、松江公園の北側を城東電車が走りました。たった一両の小さな電車です。ゆったりとした速度で今井橋と東荒川を結び、さらに西荒川から錦糸堀まで通じていました。昭和17年(1942)には東京市経営の「市電」になり、翌年「都電」となりました。やがて昭和27年に今井~上野公園間に東京で初のトロリーバスが開通すると、今井橋~東荒川間の都電は廃止されました。そのトロリーバスも、昭和43年には姿を消しました。
このレールは、松江を走った都電の思い出を込めて設置しました。

画像 松江公園 城東電車のモニュメント

クリックで拡大

画像 松江公園 城東電車のモニュメント

クリックで拡大

画像 松江公園 城東電車のモニュメント

クリックで拡大

画像 松江公園 城東電車のモニュメント

クリックで拡大

画像 松江公園 城東電車のモニュメント

クリックで拡大

一之江境川親水公園

城東電車は私営の路面電車で、明治44年(1911)3月、当時の本所区錦糸町と瑞江村大字上今井の間に敷設の許可がおり、大正6年(1917)12月に錦糸堀―小松川間が開通、大正10年1月には水神森―大島間が開通しました。そして、大正14年12月に東荒川―今井橋間が開通し、翌大正15年3月には小松川から西荒川までが延長されて、東荒川との間には連絡バスがはしりました。
昭和17年(1942)に東京市の市営になり、翌年の都制施行によって都電とよばれましたが、翌年27年に東荒川―今井橋間は廃止され、上野公園―今井間を葭った都内初のトロリーバスにかわりました。
この路線は、昭和43年から都営バス路線として今も運行されています。
平成8年4月 江戸川区

一之江境川親水公園地誌

クリックで拡大

画像 一之江境川親水公園

クリックで拡大

画像 一之江境川親水公園

(クリックで拡大)

一之江境川親水公園 城東電車

クリックで拡大

一之江境川親水公園 城東電車

クリックで拡大

参考文献

江戸川区教区委員会(2008)『江戸川区の史跡と名所』

その他の江戸川区内の鉄道・バス

総武鉄道

明治27年に錦糸町~佐倉間が開通。江戸川区内最初の駅は明治32年開業の平井駅。翌月に小岩駅開業。明治37年に両国駅まで延長。

京成電鉄

大正元年(1917)に押上~江戸川間が開通。大正3年に江戸川に鉄橋が架けられ、市川新田までが開通。大正10年には、押上~千葉が開通。

路線バス

大正9年(1920)に小松川~八幡町線が営業(葛飾乗合バス)。

トローリーバス

昭和27年、都内初のトローリーバスが今井橋~上野公園を走る。架線から電気を取り入れるバス。昭和40年代、路面電車とともに廃止。

地下鉄

昭和44年、東陽町~西船橋間に東西線が開通(葛西駅誕生)。昭和54年には、西葛西駅開業。昭和58年に都営地下鉄が東大島~船堀間が開通。昭和61年には船堀~篠崎が開通。平成元年には本八幡まで開通。

 

スポンサーリンク




-歴史・名所, 江戸川区の歴史

Copyright© 江戸川フォトライブラリー , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.