スポンサーリンク




河川・水門・橋

旧中川の歴史と風景

更新日:

旧中川の歴史と風景

旧中川は、江戸川区平井七丁目地先で荒川と分かれ、江戸川区と墨田区・江東区の境界を蛇行しながら南に流れ、江戸川区小松川一丁目で再び荒川と合流する川である。

江戸時代以前の中川(現在の旧中川)は、古利根川を上流として、途中で元荒川と合流し、水元・新宿(にいじゅく)・奥戸・平井を通り、綾瀬川・堅川・小名木川と通じながら、江戸川にそそいでいた。江戸時代に入り、8代将軍吉宗が水害から村を守るために、1725(享保10)から14年間をかけて、散在していた池や沼を利用して、ひとつの流れをつくった。そのため、「九十九曲り」をよばれる屈曲の激しい川となったのである。この川が中川と呼ばれたのは、隅田川と江戸川の間を流れるからといわれる。

中川(現在の旧中川)の上流、いわゆる古利根川の流域には埼玉県の農業地帯がひらけ、また中川の沿岸には、足立・葛飾・江戸川区が発展してきた。しかし、ひとたび大雨に降られると洪水が発生し、沿岸地帯は大きな被害をうけてきた。

明治44年(1911)に開削決定後、大正5年(1916)から中川改修工事が行われ、昭和5年(1930)に荒川放水路(現荒川)および翌年(昭和6年)に中川放水路(現中川)が完成した。下のふたつめの地図のように、旧中川は本来、中川の本流であったが、この改修工事により、中川が二つに分断されて現在のような形になった。その後、昭和41年(1966)に分断された中川の下流部分を「旧中川」と改称した。

旧中川「かさ上げ護岸」の歴史

旧中川 かさ上げ護岸 旧中川 かさ上げ護岸

旧中川 かさ上げ護岸 旧中川 かさ上げ護岸

旧中川 かさ上げ護岸 旧中川 かさ上げ護岸

旧中川が流れるこの地域は、乱流する荒川(現隅田川)や中川、利根川(現江戸川)の河口部に堆積した三角州を埋め立て、江戸の市街地として発達してきたことからもともと低地であり、過去幾度となく高潮や洪水の被害を受けてきました。更に明治末期からの工業地帯としての発展に伴う地下水の過剰なくみ上げにより地盤沈下が進行し、現在の荒川と隅田川に囲まれた江東三角地帯は、東京湾の満潮水位以下となってしまいゼロメートル地帯とも呼ばれております。地盤沈下を防止・軽減するため、地下水揚水規制や水溶性天然ガスの採取停止などを実施した結果、昭和四十八年頃から沈下は急速に減少し、現在ほぼ停止しております。
急速に地盤沈下が続いた町を水害から守るため、旧中川を始めとする江東内部河川(江東三角地帯を流れる河川の総称)の護岸は、かさ上げを余儀なくなれました。しかし護岸は、応急対策としての度重なるかさ上げにより、まちと川が分断されるとともに構造的に脆弱化し、大地震が発生した際の護岸崩壊による水害の危険性が心配されてきました。
東京都はこの地震水害から地域を守るため、昭和四十六年より江東内部河川整備事業に着手し、北十間川樋門及び扇橋閘門より東側を流れる江東内部河川については荒川など周辺河川から締め切り、平常時の水位を周辺地盤より低く保つ「水位低下対策」を平成五年三月に完了させました。
ここに残された旧中川のかさ上げ護岸は、緩傾斜堤防の整備が完了したことを記念し、これまで水害から地域を守ってきた「かさ上げ護岸」の歴史を後世に伝えるとともに、低地帯に住む都民の皆様に水害に対する防災意識を継続していただくため、その一部を保存するものであります。

平成二十三年三月
東京都江東治水事務所

関連情報

明治42年(1909年)と平成28年(2016年)の地図を重ねた地図

九十九曲り」といわれる蛇行する中川の様子を確認できる。

画像 明治42年(1909年)と平成28年(2016年)の地図を重ねた地図

(クリックで拡大)
この地図は、時系列地形図閲覧サイト「今昔マップ on the web」((C)谷 謙二)により作成した。

以下は、旧中川を上流から下流に向かって順に撮影した写真

画像 旧中川の風景1

(クリックで拡大)

画像 旧中川の風景2

(クリックで拡大)

中平井橋

中平井橋付近は、江戸川区の極西である。

旧中川の風景(中平井橋)

(クリックで拡大)

画像 旧中川の風景

(クリックで拡大)

画像 旧中川の風景

(クリックで拡大)

旧中川の風景

(クリックで拡大)

旧中川の風景

(クリックで拡大)

旧中川の風景

(クリックで拡大)

旧中川の風景

(クリックで拡大)

平井橋

千葉県行徳から浅草までの街道の途中にあった平井の渡しは、中川(旧中川)を渡る行徳道の渡し場。
行徳道は、千葉県行徳~今井の渡し~東一之江村・西一之江村・東小松川村~四股で元佐倉道と交差して中川(旧中川)平井の渡しへつながっていた。
明治32年(1899年)に平井橋が架けられるまで使用されていた。
平井橋 は明治32年(1899)に木橋が架けられ、昭和55年(1980)に鉄橋になった。

画像 平井の渡し

クリックで拡大

 平井の渡しは、行徳道が下平井村で中川を渡る渡船場でした。対岸は葛西川村でした。江戸時代の地誌『新編武蔵風土記稿』下平井村の項には、「当村(下平井村)の預る所なれば平井渡とよべり」とあります。渡しは江戸時代の初めに設けられ、船一艘で往来の便に供していたと書かれています。
『江戸名所図会』の「平井聖天宮」の絵には、中川に「平井渡」が描かれ、江戸川区側の正面には鳥居が建てられています。
行徳道は、江戸と下総の行徳を結ぶ道で、平井の渡しから江戸川区を東南に下り、今井の渡しで江戸川をわたって行徳へ渡りました。渡しはこの説明版からまっすぐ土手にあがった川岸で、説明板脇の細い坂道が当時の行徳道でした。
明治三十二年(1899)、渡しのやや東に木橋の平井橋が架けられて、渡しは廃止されました。平井橋は、対象14年(1925)に鉄橋に架けかえられ、昭和五十五年(1980)に現在の橋になりました。
その後、平成二十年(2008)の旧中川の景観整備によって、護岸が現在のように整備されております。
江戸川区

画像 平井の渡し

クリックで拡大

旧中川の風景(平井橋)

(クリックで拡大)

旧中川の風景

(クリックで拡大)

旧中川の風景

(クリックで拡大)

江東新橋

旧中川の風景(江東新橋)

(クリックで拡大)

旧中川の風景

(クリックで拡大)

北十間川と旧中川との合流地点

北十間川と旧中川との合流地点

(クリックで拡大)

東武鉄道の鉄橋

旧中川の風景(東武鉄道の鉄橋)

(クリックで拡大)

旧中川の風景

(クリックで拡大)

旧中川の風景

(クリックで拡大)

ふれあい橋

ふれあい橋は、旧中川に架かる江戸川区と江東区を結ぶ橋。人と自転車のみ通行可能。江戸川区の平井・小松 川地区と江東区の亀戸地区を結び、両区民が相互に行き来してふれあい憩うことのできる橋となることを願って「ふれあい橋」と命名されたそうである。
毎年8月15日の夜、ふれあい橋付近では「旧中川東京大空襲犠牲者慰霊灯籠流し」が行われている。

>>>旧中川東京大空襲犠牲者慰霊灯籠流しについて詳しく見る

画像 旧中川の風景(ふれあい橋)

(クリックで拡大)

逆井橋・逆井の渡し

その昔、旧中川(中川)には橋がなく、往来は平井の渡しや逆井の渡しに頼っていた。
区内最初の橋は、明治12年(1879)に架けられた逆井橋で小松川村と亀戸村を結んだ。村費による架橋の費用を補うために橋銭を徴収した賃取橋でも知られている。明治27年(1894)に橋銭徴収は終り、明治31年(1898)東京府によって架けかえられた。昭和43年(1968)、江戸川、江東両区の負担で鉄橋になっている。白い橋は首都高速7号線。

旧中川の風景(逆井橋)

(クリックで拡大)

画像 逆井橋

(クリックで拡大)

逆井の渡しの案内板

画像 逆井の渡し

(クリックで拡大)

逆井の渡しの案内板には以下の説明がある。

逆井(さかさい)の渡し跡
中川をわたる逆井の渡しは、「新編武蔵風土記稿」に「元逆井村にありし渡しなるを以て、今も逆井の渡しをよべり」とあるように。もとは北隣りの逆井村にあったものが、その後西小松川村(現在の逆井橋付近)に移転したもののようです。ここに江戸と房総をむすぶ街道がひらかれたからでした。この街道を元佐倉道といい、区内を北東にほぼ直線で横切って、小岩市川の渡しを渡り、市川から佐倉、成田へ向かいました。明治に入って千葉街道とよばれるようになりました。
逆井の渡し付近は風景も良く、安藤広重が「名所江戸百景」のひとつに描いています。明治12年(1879)、渡し跡に橋が架けられて、逆井の渡しは廃止されました。架橋当時は村費による架橋費を補うために通行料(橋銭)を徴収する賃取橋(ちんとりばし)でした。明治27年(1894)に橋銭徴収は終わり、31年(1898)に、東京府によって架けかえられています。昭和43年(1968)には、江戸川・江東両区の協力で鉄橋になっています。その後、旧中川沿岸の景観整備や、虹の大橋やもみじ大橋・さくら大橋がかけられて、現在のすがたになりました。

江戸川区

江戸川区郷土資料室に鉄橋になる直前の逆井橋の一部が残されている。

>>>江戸川区郷土資料室について詳しく見る

画像 逆井橋

(クリックで拡大)

もみじ大橋

旧中川の風景(もみじ大橋)

(クリックで拡大)

さくら大橋

旧中川の風景(さくら大橋)

(クリックで拡大)

旧中川の風景

(クリックで拡大)

都営新宿線東大島駅

この駅は、旧中川の上に位置し、江戸川区側と江東区側に改札がある。
都営新宿線東大島駅

(クリックで拡大)

旧中川と小名木川との合流地点

正面に見えるのは、都立大島・小松川公園。
旧中川と小名木川の合流地点(左から右に流れる川が旧中川、手前に流れてくる川は小名木川)。

参考情報

大島・小松川公園と旧小松川閘門

(クリックで拡大)

下の写真は、上の写真の右上に写っている階段部分。旧小松川閘門がみえる。大島・小松川公園には旧小松川閘門があるが、約三分の二が土に埋まった状態である。

>>>荒川の歴史について詳しく見る

画像 小名木川からみた小松川閘門

(クリックで拡大)

大島・小松川公園からみた旧中川と小名木川との合流地点

>>>「小名木川の歴史と風景」を見る

画像 旧中川と小名木川の合流地点

(クリックで拡大)

関連情報

平成橋

画像 平成橋(旧中川の風景)

(クリックで拡大)

旧中川の河津桜の写真

JR総武線の旧中川にかかる鉄橋付近。

2018年2月の写真

画像 2018年2月の河津桜(旧中川)

(クリックで拡大)

画像 2018年2月の河津桜2(旧中川)

(クリックで拡大)

画像 2018年2月の河津桜3(旧中川)

(クリックで拡大)

2017年2月の写真

画像 旧中川の河津桜1

(クリックで拡大)

画像 旧中川の河津桜2

(クリックで拡大)

画像 旧中川の河津桜3

(クリックで拡大)

2013年以前の写真

▼旧中川

奥に見えるのはふれあい橋。
画像 旧中川 ふれあい橋周辺

(クリックで拡大)

▼旧中川沿いの桜

画像 旧中川の桜

(クリックで拡大)

画像 旧中川の桜

(クリックで拡大)

画像 旧中川の桜

(クリックで拡大)

画像 旧中川の桜と東京スカイツリー

(クリックで拡大)

画像 中平井の渡し

(クリックで拡大)

中平井の渡しの案内板には以下の説明がある。

江戸時代、江戸川や中川には、橋をかけることが許されず、もぱら渡しによって交通が支えられていました。
中川筋では、「平井の渡し」、「逆井の渡し」、「番所の渡し」がありましたが、明治以降主要な道筋には橋が架けられ、永い歴史をもった渡しも廃止されていきました。しかし、橋の数は現在とくらべれば、各段に少ないので、脇道には昔のまま渡しが残され、新たに設けられる渡しもありました。
「中平井の渡し」もそのうちのひとつで、大正5年に設置され、平井村と吾嬬村の間を結んでいました。中平井橋ができる昭和13年まで、深野七五郎氏により運行されていました。

(クリックで拡大)

風景 旧中川の風景

(クリックで拡大)

参考資料

『えどがわ発見!解説シート』江戸川区郷土資料室

スポンサーリンク




-河川・水門・橋

Copyright© 江戸川フォトライブラリー , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.