スポンサーリンク




親水公園 河川・水門・橋

一之江境川の歴史と一之江境川親水公園の風景

更新日:

一之江境川の歴史と一之江境川親水公園の風景

東一之江村と西一之江村との境を流れることから「一之江境川」と呼ばれるようになった。

この川は、江戸川区東部の悪水落としのため自然にできた川で、江戸時代中期に水元の小合溜井を水源とする仲井堀から現在の江戸川区一之江一丁目二番の地先で分流し、南に流れ、松江、船堀五丁目を経て、旧東船堀村と旧二之江村との境(現船堀六丁目と七丁目)で新川に合流していた。昭和38年(1963)に新中川が開削されるまでは、両流域の村々の用水または 舟運路として大いに利用されていたとある。

昭和30年(1955)以降、「小松川境川」と同様、流域の都市化にともない、一之江境川にも家庭排水などが流れ込むようになり水質が悪化した。そして、下水道の整備により排水路としての役割を終えることになった。

江戸川区は、1972年(昭和47)に下水道整備によって不用になった水路を清流に再生させる『江戸川区内河川整備計画』を策定し、古川親水公園の整備を行った。1989年(平成元)には、新たに『親水公園・親水緑道整備計画』を策定し、親水公園7路線・親水緑道11路線を整備することを決定。その後、従来の親水公園の機能を拡大して、子どもの遊び場のみならず、自然の生態系を回復させた親水公園を造る方向に転換した。

一之江境川親水公園は平成4年11月に着工し、“街のなかで自然と親しめる水辺の小道と魚や水生生物がすむ清流”として平成8年に完成した。

一之江一丁目の最上流地点から、せせらぎゾーン、であいのゾーン、にぎわいのゾーンを含む全長3.2キロメートルの親水公園。水は新中川から取水し、そのまま使用。水深40~60センチメートル。魚や昆虫が生息できるように1メートルの5か所の深場と川底に粘土質の荒木田を敷いた2か所の浅瀬を設けている。なお、子どもたちが遊べる場所は、本流の流れを迂回させ、水道水を循環ろ過した水を流している。

明治42年の地図

明治42年の江戸川区の地図

(クリックで拡大)

この地図は、時系列地形図閲覧サイト「今昔マップ on the web」((C)谷 謙二)により作成した。

春の風景

ichinoe

【夏の風景】
一之江境川親水公園

(クリックで拡大)

ichinoesakaigawa4

ichinoesakaigawa5

一之江境川親水公園

ichinoesakaigawa1

 

スポンサーリンク




-親水公園, 河川・水門・橋

Copyright© 江戸川フォトライブラリー , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.